メインイメージ画像

靴はその人の中身を表すのでビジネスシューズは綺麗に保つことです

言葉遣いと同じように仕事における服というのは第一印象を決定づけるものと同時に、その人の人柄が表れるものです。特に営業などの仕事の場合は、社内に留まっているよりも顧客先や社外にいる時間の方が長いです。

初対面の人はもちろん、人と会う時に意外に見られているものとして足元があります。今はビジネスシューズというものがたくさんありますが、どんな靴を履いているかによってその人の事があらかた見当つくというのです。例えば営業先の人が身なりはこぎれいにしていてもシューズに汚れがついていたり、すり減ったのが見えたりするといい印象は残りません。

シューズは毎日履くものなので、その人が1日のラストにどんな風にシューズに対しているのかが一目で分かります。汚れていたり、すり減ったりしている靴を履いている人を見れば、仕事で外回り大変だなという思いとともに、だらしないという印象もあります。どんなに服装をこぎれいにしていても、足元のシューズでだらしないという印象がつけば結局全てだらしないと思われます。

そのため、ビジネスのシーンにおいては靴を常に綺麗にしておく事が重要です。可能ならシューズは複数準備し、毎日同じものを履くのではなくて交代で履くことをオススメします。

そうする事で一足が長く持つし、シューズに臭いも発生しにくいです。外回りなどでシューズが汚れてしまう場合もありますが、人と会う場合はウェットティッシュ等で事前にシューズの汚れを綺麗に拭き取っておく事をオススメします。そうするだけで、印象が全く異なります。また履いている靴がすり減っている場合は手入れが行き届いていない印象をもたれるので、すり減ってしまう前に新しいものを購入するか、底をつけ直してもらう事が大事です。



女性においても同様な事が言えます。特にヒールを履く女性の場合はヒールの足の部分だけすり減っている人がいます。定期的に点検して、一見して悪いイメージを与えないように努力することも大切です。こうした細かい気遣いで印象も変わり、結果仕事に対してもプラスになります。

更新情報